商品やサービスの価値がしっかり伝わる
ランディングページ制作
ただカッコいいだけのデザインはもう要らない!!
最後まで読まれるデザイン欲しくはないですか?
ライティング

ランディングページ制作に必要となる情報の集め方

前回もお話ししましたが、
読んでくださる方が購入やお申込みに至るまでには以下のような壁が存在します。

1.読まない壁
2.信じない壁
3.行動しない壁

この壁を超えるためには

前回説明した「ベネフィットライティング」と今回説明する「4つのパーツ」と「強力なオファー(取引条件)」がランディングページに必要になります。

1.ランディングページに必要な4つのパーツとは

4つのパーツとは

「結果」「実証」「信頼」「安心」です。

1-1「結果」とは

商品やサービスを購入した際、お客様にどんな効果・未来(ベネフィット)をもたらすのかです。

特にファーストビューのキャッチコピーやベネフィットを箇条書きにしたブレッドでしっかり伝えられているかが、その先読んでもらえるか重要なポイントになります。

1-2「実証」とは

どのような理由で「結果」が実現されるのかを説明するパーツになります。

グラフやデータ、詳しいコピー等で表現していきます。
具体的な「〇〇率●●%!」等の数値で表現されるとより納得感が増します。

1-3「信頼」とは

第三者からの評価のことです。

権威ある博士や評論家からの言葉、または各種マスコミでの掲載記事など、信頼感を高めるパーツになります。
プロフィール(写真付き)、会社概要、事業内容や創業〇年というワードも該当すると思います。

1-4「安心」とは

購入する上で不安を解消するパーツのことです。

例えば、お客様の声は、体験した人が語るコメントは安心感を与えることが出来ますし、
購入する方が不安と思われる内容をある程度予測して、納得できる説明がしてあると安心につながるかと思います。

手続きの流れQ&Aもしっかり書かれていると安心材料になるかと思います。

2.強力なオファー(取引条件)

また、先ほど述べた壁のうち「行動しない壁」を超えるためには、この「強力なオファー(取引条件)」が必要です。

ほとんどの方が「今じゃなくてもいいかな」とつい都合の良いほうに考えてしまいます。

その考えを一気に購入に向けさせるために、後押しとなるこのオファーが必要になります。

2-1オファーの例

「〇〇%OFF」「無料」「0円」などの割引

「完全返金保証」などの特典

「全部お任せください」

さらに「今だけ」「期間限定」「〇名様限定」などの緊急性や限定性の言葉をつけると効果が増します。

また、コンバージョンを上げる施策として、オファーを申し込みボタン近くに意識して配置するとより、強力な後押しとなります。

3.最後に

実際のLPの構成については、上記以外にも説明する順番も意識する必要があります。

今回お伝えした「4つのパーツ」と「オファー」は、ランディングページを制作する上で、
どのような情報を集めればよいか大まかに理解するのに分かりやすいかと思います。

ランディングページ制作のお問合せ

弊社のランディングページ制作で御社のPRにどのような変化をもたらすことができるのか?まずは一度ご相談ください。相談は無料です。

ご質問・お見積り等お気軽にお問合せ下さい。
ご連絡は2営業日以内に行います。

 

お問合せはコチラ