ネットで毎月100人の見込み客が
安定して集まる
ランディングページ制作とネット広告を使って安定的なネット集客の仕組みを構築
Web広告

売りたい商品をいきなり売ってはいけません

from 伊東徹

こんにちは!伊東です。

​前回、前々回から顧客の悩みの度合いに応じたネット広告媒体を紹介しました。

​潜在層にはコレ、、、顕在層にはコレ、、、ってな感じでお伝えしてます。​気になった前のメルマガ読んでください!

​そして最後に、広告を使ってネットで売っていくなら、、、売りたい商品をいきなり売らないということをお伝えしました。

前回のブログはコチラ↓↓↓

どのWEB広告がいいの?その② from 伊東徹 こんにちは!伊東です。 暑さも少し落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたが、​あなたのところ...

​売りたい商品をいきなり売らないとは?

​売りたいから広告出すのにいきなり売らないってどういうことだよ!?と疑問にと思います。​けれど、ちょっと想像してほしいのですが、​

あなたがふらっと入ったお店でいきなり店員さんからセールスされたらどんな気分ですか・・・?​あまりいい気持ちしませんよね。

​ふらっと入ったお店で、何となく商品を見ていたらいきなり店員さんが来て、​「○○いかがですか?」「いまなら△△お得ですよ」って売り込みされたら…​嫌な気分になって、思わずお店を出てしまうのではないでしょうか?

​まだ商品やお店のことを何も知らないのに、いきなり売り込まれるのはあまりいい気持ちしません。​ネットも普段の人間関係と同じです。​

最初何を売ればいいの?

じゃあ広告を出して最初に何を売ればいいの?

​それは、、、

​悩みや不安をもったあなたのお客さん(ターゲット)にこれあったら簡単に解決出来そう!と思わせる価値ある情報を提供する

​あくまで思わせるだけで、すべてを教える必要はありません。

まずは、情報を提供することであなたのことを知ってもらい、​提供した情報の内容であなたを信頼してもらうことが何より重要です。​販売するのはその次です。​

大企業と同じことしてはダメ!

ちょっと時間がかかるなぁと思うかもしれませんが、​信頼できる関係になるには時間はかかります。

​私たちのような個人事業主や小っちゃい会社は会社の名前だけで商品は売れませんよね。

​まずは、価値の高い情報提供してあなたの商品を買ってくれる可能性の高い見込み客リストを獲得する。​そこから始めていきましょう!

​このリストがあなたのファンになり、商品を買ってくれる大事なお客様に変わります。

​今日はここまでに、したいと思います。

​来週は、見込み客リストを獲得するのに最初にどんな情報を提供すればいいか。そのヒントになるアイデアをご提供できればと思います。

​最後までご覧いただきありがとうございました。

チェックリスト無料プレゼント

\無料プレゼント/
今なら無料レポートプレゼント!!

期間限定!今すぐお読みください今すぐ無料レポートを受け取る