ネットで毎月100人の見込み客が
安定して集まる
ランディングページ制作とネット広告を使って安定的なネット集客の仕組みを構築
おすすめ本

この先どう進めばいいか指針となる本

from 伊東徹

こんにちは!伊東です。​

最近、読んだ本の中で良かった本を紹介できればと、ふと思いついたのがこの本です。

マイケルマスターソン著 大富豪の起業術

著者は数十億の会社を何個も立ち上げた人​

著者のマイケルマスターソンさんですが、めちゃめちゃすごい人で、年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上をゼロから育てた人です。

​こんなすごい人の話を聞いても、凡人の私達には意味無いんじゃないのと思うかもしれませんが、、、

​ちょっと、待ってください!​この人、何がすごいのかというと、​どっかの雇われ社長では無く、私達と同じようにゼロからビジネスを起業していて、大きく成長させていることです。

なので、起業のイロハを知っていて、最初の段階ではどういうことを気を付けていけばいいか、そして次の段階に成長するには何が必要かをこの本で教えてくれています。

起業ビジネスには4つの段階がある

​起業ビジネスには、4つの段階があって

・幼年期(0から100万ドルの収益)

・少年期(100万ドルから1000万ドル)

・青年期(1000万ドルから5000万ドル)

・成人期(5000万ドルから1億ドル以上)

それぞれの段階の難しさ、課題、可能性があることをこの本で伝えています。

​そして、私達のような幼少期には、経営よりも完璧な商品を作るよりも商品を売ることが大事と伝えています。

Ready、Fire、Aim!(構え、撃て、狙え)​

さらにこの本の中で特に面白い考えだなと思っているのが、​この本のサブタイトルにもなっている「Ready、Fire、Aim!(構え、撃て、狙え)」です。

​これを見て、何か違和感を感じませんか?

​普通、撃つなら、構えて⇒狙って⇒撃つの順番ですよね…

でも、逆です。

​マスターソンさんは、計画はしっかりやりつつも、ある程度、計画が固まったらとりあえず行動することが大事だと言っています。​商品がまだ60%の出来でもとりあえず動き出し、市場の反応を見ながら、お客さんのフィードバックをもらいながら改善していく感じです。

​例えば、アプリの会社によくあると思うのですが、​リリースしたばかりの商品って結構バグが多く無いですか?​彼らは、それを分かっていてとりあえずリリースして、そこから反応を見ながら、バージョンアップしています。

​まさに、構えて⇒撃つ⇒狙うの順番ですね。

指針があるとやることだけに集中できる​

正直、私もそうですが、​世の中に色んな情報があふれて過ぎていて迷うこと多いと思うのです。​そんな中、一つの指針となるものがあると、今、何に集中すべきかより明確になるのでは無いでしょうか?​

そして、何より行動していくことは、大事かなと思うのです。​どう売ればいいか?知ってもらうにはどうすればいいか?考えながら行動することです。​

完璧な商品ってものは無いです。​仮に完璧な商品ができたとしても、それを待っていては売れる機会そのものを逃してしまうのではないでしょうか?​あなたはどう思いますか?

マイケルマスターソン著 大富豪の起業術

​この本おすすめなので、購入して読んでみてはいかがでしょうか?

​それでは、また

チェックリスト無料プレゼント

\無料プレゼント/
今なら無料レポートプレゼント!!

期間限定!今すぐお読みください今すぐ無料レポートを受け取る