ネットで毎月100人の見込み客が
安定して集まる
ランディングページ制作とネット広告を使って安定的なネット集客の仕組みを構築
おすすめ本

商品が良くても知られなければ、その先は無い

from 伊東徹

こんにちは!クリリン伊東です!(笑)

改名しました!

​前から、クリリンに似ていると知人から言われるので、思い切って改名します…(笑)

​って冗談はさておき、​今回何でこんな話をしたのかというと、この本を読んだからです。

西村誠司氏の「最強知名度のつくり方」

イモトのWifi、にしたんクリニックで話題になった

===========

西村誠司氏の「最強知名度のつくり方」

===========

​という本です。​イモトのWiFiやにしたんクリニックのCMって、みたことありますか?​「なんだこれ?」というようなインパクトありますよね。

​この西村さんですが、

宣伝戦略は「知名度向上」だけに特化せよ!

というぐらい知名度にこだわっています。

​特徴あるネーミングで名前を憶えてもらって、どんな商品かはそのあとユーザーが勝手に調べてくれる。​さらにこの爆発的な知名度がビジネス上の信頼につながる。という考え方です。

知られなければ、その先は無い

​結構、振り切っている考え方でもありますが、​でも、共感するところたくさんありました。​例えば、、、こんな言葉がありました。

■知られなければ、その先は無い。

■どんな最高品質でも、知られなければ意味は無い。

■「なるほど」よりも「えっなに?」の方が心に残る。

■「かっこいい」よりも「分かりやすさ」を狙え

確かにどんなに商品が良くても、知ってもらえなければ買ってもらえないですし、そして、どんなにかっこよくても、ユーザーに伝わらなければ意味がない。

​まさに、ランディングページも同じですね。

ランディングページの顔でもあるファーストビューで、ユーザーに「なにコレ?」って興味を持ってもらえなければ、その先、見てもらえない。​商品やサービスを知ってもらうことすら出来ない。​さらに問合せや申込みにもつながらない

​そんなことが起きてしまいますよね。

LPも最初で興味を持たれなければ、その先は無い​

ぶっちゃけ西村誠司氏のような特徴あるマーケティングは正直難しいのですが、私達でも出来ることはあるかなと思います。

​それは、、、「お客さんの視点で考える」ことです。

✔お客さんにとって、分かりやすく伝わるには何が必要か?

✔どんなメッセージを伝えれば、違和感なくお客さんに覚えてもらえるのか?

​✔どうしたら、お客さんを振り向かせて興味をもってくれるのか?

​そんな、お客さんを想像しながら考えることです。

​インパクトのあるネーミングを作るのは難しいまでも、お客さんの視点で伝えるメッセージを考えることは、すぐできるのではないでしょうか?

​あなたのランディングページはお客さんに伝わりやすいメッセージや分かりやすいデザインになっていますか?

​それではまた!

チェックリスト無料プレゼント

\無料プレゼント/
今なら無料レポートプレゼント!!

期間限定!今すぐお読みください今すぐ無料レポートを受け取る